遠方までティーカッププードル販売業者さんに会いに行った

海外に住んでいる私の姪は、犬好きが高じてポメラニアンを飼っています。
最近では、ティーカッププードルも飼いたくなったらしく、
ティーカッププードルの販売業者さんのところまで行きたいと言っていました。
しかし、その販売業者さんの場所までは結構な距離があるため、
車で高速道路を飛ばして行かなければならないとのことでした。
海外の高速道路は制限速度があまく、すべての車が物凄いスピードで飛ばしている
というイメージがありました。
そこで私は姪に、海外の高速道路は危ないのではないか、というような話をしました。
そうすると姪は、海外の高速道路でも安全に運転するコツがあって、
それは走行車線をゆっくりと走ることだ、という説明を返してきました。
それを聞いた私は、当たり前の説明なのかもしれませんが納得させられました。

観葉植物のレンタル業者さんに聞いた話

焦りながら観葉植物レンタルの担当者に契約対象物の催促をしていたら、
海外の高速道路を運転するコツを聞かされることになりました。
あまりにも観葉植物レンタルを急いでいたものですから、
運転するコツを心得ないまま海外の高速道路に入ると
大変なことになりかねないと判断されたからです。
細部まで手が加えられていない車両で速度を出していても、
それを凌駕するほどの存在が海外の高速道路には多くある事実を知りました。
運転するコツとしては、急ぐ心を落ち着かせて道を譲ることであると
伝授された瞬間に自身の至らなさを痛感しました。
観葉植物レンタルと海外の高速道路を利用することに関連性がないように感じても、
実際は焦らないという共通項があったからです。